葉酸の摂取期間についてお話しします。皆

葉酸の摂取期間についてお話しします。皆さんご存知のように、葉酸の摂取は妊娠前から妊娠3か月まで期間において必須です。
では、妊娠後期に入った妊婦に、葉酸が必要ないのでしょうか。
実際には決してそうではないんですよね。葉酸の持つ効果の中で最も重要な、胎児の先天性異常に対する発症リスクを減少させるという有効性に限った話では、妊娠前から妊娠3ヶ月までの間が大切な期間という訳です。
なのでこの期間での摂取を、特に心掛ける必要があるという訳です。
妊娠というと、必ず葉酸の名前が挙がるので勘違いしてしまう方も居るかもしれませんが、必ずしも、葉酸だけを摂れば胎児が健康的に育つのかというと、そうではないですね。
葉酸には単体で摂取しても吸収率が悪いという特徴があります。
ですから、サプリを選ぶ際のポイントとしては、ビタミンやミネラルなど、妊婦にとって不足しがちな栄養素を25種類前後入っているものを選べば必要な成分を適切に補うことが出来るという訳です。こうした総合サプリの摂取は、妊娠中に女性が飲むもののように思いますが、決してそんなことはありません。
妊娠に不可欠な栄養素を補う事で、体も妊娠に適した体へと変化していきます。ですので「まだ妊娠はしていなけれど、もうそろそろ授かりたい」とお考えの妊活中の方も摂取をオススメします。
妊婦にとって重要な葉酸ですが、加熱すると失われやすいという弱点があります。ですから、食事から葉酸を摂取しようとする場合、食材の調理方法にポイントがあります。具体的には、なるべく火を使わずそのまま食べられる方が良いのですが、食材の種類によってどうしても加熱の必要がある時には長時間の加熱は避けて、サッと熱を通すくらいの調理にすれば、葉酸も摂れるかと思います。
こうした調理や食事が負担だと考える方は、サプリを利用するのが確実に補給出来るという点において、最も優れた摂取方法だと言えますね。少し前の話なのですが、友達と久しぶりに会った時に葉酸の話になって、その中でもサプリについての話で盛り上がりました。
一番良いのはどこだろうという話になって、その友達はベルタが販売している葉酸サプリが良いんじゃないかと考えているようでした。
サプリは妊娠前から摂取すると効果的だって母から聞いたことがありましたから、彼女に伝えました。
友達には悲しんで欲しくないですし、元気な赤ちゃんの顔を見せてほしいなって願っています。妊娠を希望している方や、妊娠を計画されている方に知って頂きたい話なのですが、この時期に気を付けるべき栄養素として、亜鉛の適切な摂取を心がけ、亜鉛不足にならないように注意してください。亜鉛が卵巣に働きかけ、質の高い卵子を育てるに役立っているからです。このような妊娠に嬉しい効果は女性だけに限った話ではありません。男性が摂取した場合、質の高い精子をつくることを手助けしてくれるという訳です。
健康な赤ちゃんを授かることの出来るように、夫婦での亜鉛摂取を始めてみるのが良いと思います。
葉酸については、多くの方がご存知のように、妊婦にとって欠かすことの出来ない栄養素だと言われています。しかし、もし葉酸が不足してしまった場合、胎児にどのような影響があると思いますか?実は、葉酸には細胞分裂を促すという働きがあります。
そのため、胎児に葉酸が不足した場合、先天異常を発症する可能性があるという研究結果が報告されました。ほかにも、ダウン症予防に効果があると言われていますから、摂取をお勧めします。妊娠中に大切な栄養素は様々にありますが、近年では特に「葉酸」の持つ働きに注目が集まっています。ビタミンB群に属する葉酸は水溶性で、定期的な摂取の結果、葉酸の摂取不足の場合に対して、胎児が神経系障害を発症するリスクが下げられたというデータがあるのです。
厚生労働省によると、一日に0.4mgの葉酸を摂ることが好ましいと定めています。この数値は受胎直後からの推奨値ですので、受胎直後から赤ちゃんが健やかに成長するように、妊娠している女性はもちろんですが、今妊娠を希望されている方であっても、是非、葉酸を意識して摂取してみてくださいね。妊活の時に、産み分けの本を偶然本屋さんで見つけ、購入しました。長男が生まれていましたから、次は出来たら女の子が良いなあ、と思っていました。本に載っていた、排卵日の特定からタイミングを合わせたりして、産み分けにチャレンジしました。
妊娠した時は、産み分けの事がありましたから性別が確認されるまでは期待と不安が入り混じったような気持ちでしたが、赤ちゃんが女の子でしたから、主人もとっても喜んでいました。
産み分けのおかげだと思っています。「葉酸」はビタミンの一種ですから、ビタミンを多く含んだ食べ物には「葉酸」も多く含まれています。
フルーツで言うと、イチゴが代表的ですね。あまり店頭では見かけませんが、ライチにも多くの葉酸が含まれていると有名です。あるいは、柿やキウイフルーツ、またはアセロラにも多く含まれています。葉酸はビタミンの一種ですから、オレンジやレモンにも豊富に含まれています。
葉酸摂取の手間を出来るだけ省きたいとお考えの方は、ジュースで補給するのも良いと思います。妊娠しやすい体を作る食べ物は、大豆食品(豆腐・豆乳・納豆)とお魚が挙げられます。
それ以外には、卵やレバー、ブロッコリーなどにも妊娠に有効な数々の栄養素が含まれるため、意識して摂取していきたいですね。また、栄養バランス良く偏らない食事にするのが妊娠にも産後にも有効です。
逆に、妊娠を妨げるような食品(飲料)は今しばらくは我慢するべきでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です